スポメドとは

スポーツ外傷を防ぐことを目的として開発中のサービスです。

現在、慶友整形外科病院の古島弘三先生監修のもと、コペルニクス株式会社で開発・運用を行っています。

日本のスポーツ界は大きな変化の岐路に立っています。

 1. スポーツ障害の予防

これまでのスポーツとりわけ野球は精神論や練習のし過ぎにより故障が続発しておりました。有望な若者の将来がケガによって絶たれる現状を何度も目の当たりにしました。

不安で練習をし過ぎたり、周囲のプレッシャーから過度の負荷をかけてしまうことが良くありましたが、スポーツをする体は消耗品であるという認識が最近ようやく広まってきました。

指導者・選手・保護者のそれぞれが選手の体についてもっと良く気を配ってあげる必要があります。ケガのリスクを計算しながら上手に上達していきましょう。

 2. 考えてプレー・練習する大切さ

スポーツ選手は、スポーツにのめり込み過ぎて、社会に出てから必要なスキルが付いていないという現実があります。これはスポーツの道を追求すればするほどその傾向があります。

しかし、スポーツというのは自分が考えながら取り組むというアプローチをするだけで十分な社会人力・21世紀力をつけることができるのです。

たとえば、練習の計画1つにしても社会に出てから必須となるPDCAの1つなのです。

目標を立てて計画して実行して反省する。これ以外にもチームワーク力や深堀して考える力、経済産業省の定義している社会人基礎力のほとんどが実はスポーツをしながら身に着けることができるものなのです。

スポーツは人間を大きく成長させてくれるものです。楽しくスポーツをしてスポーツにかかわる人すべてがもっと成長できることを願います。

ロードマップ

現在Phase1にいます。ユーザーテストを経て細かい改善をしてからPhase2へ向かう判断を行います。本プロジェクトに関われる、関わりたいと思う企業・個人の皆様はぜひ連絡をください!

roadmap

機能紹介

スマホで練習の記録がつけられたり、チーム内のコミュニケーションや予定の確認にも使えます。

チームの柔軟性、巧緻性、体力や練習時間、球速などあらゆることを数値化して比較できます。

カレンダーでチームの予定を管理したり、お知らせでメッセージを送ることも可能です。

他にもスカウトへの活用や全国平均との比較、ラプソードなどのハードウェアとの自動同期ややネイティブアプリ化、など様々なことを検討中のプロジェクトです。

応援よろしくお願いいたします。